1. HOME
  2. お客様の声
  3. 巻幡直美税理士事務所 様

神奈川県 横浜市 巻幡直美税理士事務所

巻幡直美税理士事務所 所長 巻幡直美様

ホームページを開設しようと思ったきっかけは何ですか?

ホームページを開設しようと思ったきっかけは何ですか?

ネットテンさんにお願いする前から、ホームページが必要だな、とは思っていたんです。 税理士をやっていると、色々なタイプの経営者の方とお話する機会があります。自分でソフトを買ってホームページを作っている方、なるべく安く業者に頼んで運営している方、最大限の費用をかけて大々的に作られている方、様々です。

その中で私は、どうせやるならちゃんとしたものが欲しい、と思っていました。

ネットテンとの出会いは突然

ネットテンとの出会いは突然

特にこちらからホームページの会社を探す、というような事はしていなくて、逆に毎日鳴る「ホームページを作りませんか?」という営業電話にはうんざりしていたくらいです。
そんな中ネットテンさんから声を掛けられた時、不思議と話を聞いてしまったんですよ。きっと何か縁があったんですね。

実際にホームページをお願いするまでも、担当の方には何度も足を運んでいただいて、自分が納得するまで説明を受けた覚えがあります。担当の人は大変だったでしょうね(笑)

ホームページは、わたしからのメッセージそのもの

ホームページは、わたしからのメッセージそのもの

ネットテンさんにお願いする前は、私も「ホームページからお客さんが来てくれたらいいなぁ」って思っていました。ですが、制作が進むにつれて、少しづつ考え方が変わってきました。

ホームページからお客さんを呼び込むには、安い・親切・無料相談、などの言葉を並べれば、少なからず来てくれると思っていました。ですが、自分たちの考え方も伝えずにお客さんに問い合わせをもらうことが、本当に税理士事務所としてあるべき姿なんでしょうか?

私は、税理士巻幡として、税理士事務所としての気持ちや考え方をありのまま出す事で、お客さん自身にも色々と考えて欲しかったんです。 その中で、私の事務所がいいな、と思ってくれたお客さんとは、きっと深いお付き合いが出来ると思うんですよ。

ホームページで何か特別なメッセージを発信するのではなく、メッセージそのものをホームページにしたかったんですね。

仕事と原稿作成に追われたホームページ制作

仕事と原稿作成に追われたホームページ制作

制作途中の事は、実はあまり覚えていないんです(笑)

ホームページの契約をして、原稿などを準備している時に、丁度確定申告のシーズンに重なってしまって……

他の仕事で追われている時に、担当者の方から急かされたり、自分で一度作った原稿を見直すと、やっぱりどこか違っていて、何度も書き直ししたり、かなり大変でしたね。
でも私からのメッセージ以外の部分は、ネットテンさん側である程度進めていただいて、非常に助かりました。

出来上がったホームページはお気に入り

出来上がったホームページはお気に入り

やっぱり自分で苦労して作ったメッセージが入っていますし、最終的に完成したホームページは非常に気に入っています。特にデザイナーの方との相性が良かったんですかね?
ピンク色の、非常に女性らしいデザインに仕上げていただいて。
スタッフは私も含め全員女性なので、イメージにピッタリです。
この時に作っていただいた事務所のロゴは、とても気に入ったので名刺に入れさせていただきました、今でも使わせてもらっていますよ。

ホームページから来るお客さんも、私の考え方を見てから来てくれる方ばかりなので、話がしやすいですね。
私のメッセージはちょっと厳しい部分もありますが、お互いを理解した上でお話しした方が、きっと良い関係が築けると思っています。

会社案内

巻幡直美税理士事務所様
所長  巻幡 直美 様

当事務所は、京急本線「上大岡駅」より、徒歩10分程度の位置にあります。お近くの経営者の皆様はお気軽にご相談下さい。

巻幡直美税理士事務所様 ホームページ
巻幡直美税理士事務所

〒232-0063
神奈川県横浜市南区中里1-19-12
TEL:045-744-1793
営業時間:9:30〜18:00
定休日:日・祝日

http://www.miraikaikei.com/

編集後記

巻幡先生には、非常にお忙しい中沢山の原稿作成をお願いしてしまいました。
他にも山のように仕事を抱えられているにも関わらず、快く原稿を作っていただいた先生には感謝です。
今まで様々な企業様のホームページを手掛けてきましたが、ここまで全面にメッセージを発信されるホームページは初めてでした。
私自身、巻幡先生の考え方には共感でき、ファン第一号、といったところでしょうか。
ホームページを見て問い合わせをくれるお客様も、きっと巻幡先生のファンになって問い合わせをしているのだと思います。

担当ディレクター 冨田 圭吾

PAGE TOP